FXとは?初めてのFX投資 -初心者のための優しい入門ブログ-

FXとは何か?投資が初めての初心者向けに優しく解説しているFX入門ブログです

はなまるFX

約定力の高い・強いFX会社で勝機を逃さない

      2018/04/05

FX会社の紹介でよくある約定力の高い・強いとは


FX取引のポイントとして「約定力」という言葉があります。約定とは、買い売りの取引を行い、取引が成立したことをいいます。

ここでは約定の力が強い、約定までのスピードが速いということに、どんなメリットがあるのかをご紹介しますので、 これからFXを始めるひとはもちろん、今まで約定スピードを気にせずトレードしていた方も、このページをお読みになって、現在利用しているFX口座を一度見直してみてはいかがでしょうか。

⇒初心者に圧倒的支持を受けるFX会社は?

⇒初めてでも安心!漫画で優しくFXを学ぶ

取引成立のスピード、それが約定力の高さ・強さ

FXで取引されているお金の相場は変動が激しく、常に秒単位で動いています。 通貨の変動が激しいときは、ほんの数秒の差でもレートに大きく影響することがあり、なかなか取引が成立しないこともあります。 そんなときに目安となるのが、「約定力」です。

約定とは取引注文が成立することで、この約定力が高いほど取引が成立する確率やスピードが速いということになります。約定力は、短期運用やスキャルピング取引には欠かせない要素です。

なぜFX取引では約定力が大事なのか?

為替相場は変動がとても激しく、毎分、毎秒単位で常に動いています。為替の変動が激しいときは、なかなか取引が成立できずに約定できない場合もあります。

こうしたケースのときは、取引成立までの幅が大きくなりがちなので、希望のレートよりも低いレートで約定してしまい、せっかくのチャンスを生かしきれなかったり、 急激な相場の下落などで手元の通貨を早く売ってしたいときに、無駄な損失となってしまう可能性があります。

しかし約定スピードが速く、約定能力が高い口座は、ほぼ希望のレートで取引を成立させることができるのです。最近の口座はどれも、より高いレバレッジ、より低いスプレッドと競争が激化していますが、どれだけ冴え渡る読みも、高度なスペックを駆使したテクニックも、注文ができなくては意味がありません。

わずかなチャンスさえ逃したくない方には、この約定率は口座選びのポイントとなるはずです。 FX取引において、この約定率というものも決して無視できない要素ですので、口座選びの際はぜひこのポイントで比較してみるとよいでしょう。

⇒人気FX会社一覧で口座を選ぼう!

約定力以外にも取引ツールの性能もチェックしよう

デイトレードやスキャルピングなど活発なトレードでは反応の速さ、分析機能、約定スピードといった取引システム(トレーディングシステム)の性能が重要です。

注文機能、チャート、カスタマイズ性など取引ツール機能が充実しているFX口座を見極めましょう!

自分に合うシステムが大切!

これまで色々な相場状況の中でFX取引をしてきた方なら、生き馬の目を抜くような相場の中でFX取引をして勝つことは、かなり難しいと感じた人も多いと思います。 チャート分析が複雑だったり、予想外の動きに翻弄されて冷静さを失ってしまったりで、損失を出してしまうこともありますよね。

しかもプロと一緒の市場で勝負するFXの世界では高度な専門知識が必要で、時間的な負担もばかになりません。ずっとパソコンの前に座っている精神的な苦痛も耐えがたいものです。 そんな方におすすめなのがFXの自動売買です。

⇒FXの自動売買について詳しくはこちら

「選択型」の自動売買システム

「選択型」の自動売買システムとは、ツール内にデータベース化された数百もの売買システムから、自分の好きなものを自由に選ぶだけで自動売買を始められるものです。 自動売買ツールのうちでは、一番手軽で手っ取り早くシステムトレードを行えるようになるツールと言っていいでしょう。

システムツールにログインし、収益性や取引する通貨ペア、最大ドローダウンなどの項目条件を指定して検索をかければ、条件に適した売買システムだけが抽出されます。 操作方法の説明を読む必要もなくも直観的で簡単にシストレを始められるので、シストレ初体験の方にはもってこいのツールと言えるでしょう!

プログラム型の自動売買システム

“プログラム型”のシストレツールは、自分が考えた取引戦略をプログラミングすることでオリジナルの自動売買システムを作成できるツールのことです。

個のツールを使ってシストレ出来る人はプログラムが書ける人が対象ですので、プログラミングスキルを有していない方は使えませんが、逆に自分でプログラムを コーディングできる方にとっては、自分の思いのままのシストレができるようになり、誰よりも高度な取引を実現できます。

自分のお金で取引するからこそ、「他人の売買システムには頼りたくない!」というツワモノの方は、ぜひプログラム型のツールを使った取引にチャレンジしてみましょう!

約定力が強いFX会社を1社だけ選ぶのはもったいない

約定の力が強い、約定までのスピードが速いということはもちろん大事ですがそれだけを基準にして会社を1社に絞るのも良くありません。

デイトレード向けの会社や長期運用向け会社など複数の会社の口座を持っておくことでリスク分散をした賢い運用を行う事が出来ます。

またキャッシュバックのようなキャンペーンの恩恵を最大限に受けれるのも複数口座を持つメリットです。

FXの基本をおさらいしよう

FXとは外国の通貨を売買して、利益を出す取引のことです。例えば「1ドル=100円」のときに10万円で1,000ドル買います。

円安で「1ドル=110円」になったら、手持ちの1,000ドルは11万円に交換できるので、1万円得をします。

逆に円高で「1ドル=90円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円になり、1万円損をします。

このように異なる2国間の通貨を取引して、為替レートの差額が儲けになる仕組みがFXです。各通貨の値動きを売買して稼ぎますので、現在のように値動きが激しいときはチャンスになります。

また、正確にはFXは「margin Foreign eXchange trading」の略であり「外国為替証拠金取引」を意味します。証券会社に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の外国為替を取引できます。

資金が乏しくても資産運用

先ほどの例で「1ドル=100円」が「1ドル=110円」になったら、10万円が11万円になると紹介しました。

しかし、米ドル/円が10円も変動するには、相当な時間を要するかもしれません。

2012年12月24日~2013年3月4日に82.389円から95.996円に一気に円安になりましたが、それはまれなケースです。その前は1年間で10円も変動していません。それにも関わらず、1万円しか利益が出ないならFXの醍醐味に欠けてしまいます。

そこでFXでは「レバレッジ」と呼ばれる少しのお金で大きなお金を動かせる方法を採っています。レバレッジは資金を担保にして、その25倍までの金額の取引が行える仕組みです。

例えば、50万円を証拠金としてFX会社に預け、レバレッジを20倍にして、1,000万円分の外貨を取引することもできます。その金額で米ドル/円が10円変動すると、±100万円の損益が発生し、その利益や損失だけが自分の口座に残るわけです。

レバレッジを高くすると、自分の持ち金よりも大きなトレードができるのでハイリターンハイリスクになります。そのため、FXの初心者は1~5倍くらいで様子を見ることをおすすめします。

レバレッジはリスクが増えるのではなく、有効な仕組みです。始めは小額でトレードをして、勝率がアップしたり、自信があるときにだけ、レバレッジで売買単位を増やしましょう。

優しく学べるFX入門サイトはなまるFX

漫画で学ぶFX入門 /></a></div></div>
		</div>
					

					<p class= - FX基礎基本 ,