FXとは?初めてのFX投資 -初心者のための優しい入門ブログ-

FXとは何か?投資が初めての初心者向けに優しく解説しているFX入門ブログです

はなまるFX

FXで通貨ペアを選ぶために各国のお金の特徴を学ぶ。

   

FXでどの通貨ペアを選べばよい?各国の通貨特徴を学ぼう

FXは異なる2国間通貨を売買することで利益を目指します。

FX初心者の方は「円」を絡めた取引が分かりやすく始めやすいので、円と何の通貨をペアとするかを選ぶ事になります。

ここでは「円」以外に国の通貨の特徴について解説します。

⇒初心者向け漫画でFXを優しく学ぶ

●アメリカドル(米ドル)

●ユーロ

●イギリスポンド(英ポンド)

●カナダドル

●オーストラリアドル(豪ドル)

●ニュージーランドドル(NZドル)

●南アフリカランド(南アランド)

●トルコリラ

●シンガポールドル

●メキシコペソ

●アイスランドクローナ

●香港ドル

アメリカドル(米ドル)

米ドルは世界の基軸通貨として、取引高も注目度も一番高い通貨です。

石油や国際業務決済に使用されるなど大きな役割を果たしています。

アメリカの株価など経済情勢や軍事情勢に影響を受けやすく、「有事のドル買い」とも言われます。

流通量が最も多く、取引しやすい通貨と言えるでしょう。

世界中で一番使われています。

初心者向け通貨ペア「米ドル/円」

日本におけるFX取引で一番メジャーな通貨ペアです。米ドルは、世界の基軸通貨であり、日本円も世界3大通貨に数えられている主要通貨のため、世界的にも「ユーロ/米ドル」に次いで流通量が多いのが特徴。

為替相場に関する情報も入手しやすいので、初心者にも取引しやすい通貨ペアと言えます。

GDP世界一を誇るアメリカの情勢は、米ドルだけでなく他通貨にも大きな影響を与えるため、他の通貨ペアの取引においても、注意しておく必要があります。

なお、「米ドル/円」の取引を「ドル・ストレート」、「ユーロ/円」のように、米ドルが絡まない取引を「クロス円」と呼びます。

メジャー故に為替変動は小さめ

ドル/円は世界を代表する通貨となっており、世界の取引総量はユーロとドルに続き第2位の通貨ペアだと言われています。そのため、一部の投資家による思惑だけでは資金が足りずに大きな値動きを見せる事がありません。

値動きが小さい通貨ペアの特徴は
◆値動きが小さいために利益と損益が出にくい
◆一時的な急激に偏った動きが出にくい
◆じっくりと戦略を練る事ができる

 まず、「値動きが小さいために利益と損益が出にくい」についてですが、値動きが小さいため、どうしても短い取引では大きな利益を上げる事が難しくなります。しかし、反対に思った方向と逆方向へと相場が動いた場合でも大きな損失を出さないで済みます。

次に、「一時的な急激に偏った動きが出にくい」については、先に書いたように総取引量の多い通貨ペアとなるために、一部の偏った考えを持った投資家の影響を余り受けずに済みます。そのため瞬間的に大量の資金を投じて値動きをさせる、「ストップ狩り」と呼ばれる個人投資家を狙い撃ちにするような動きが起きにくいと言う特徴があります。

 最後に「じっくりと戦略を練る事ができる」についてですが、値動きが他の通貨と比べると穏やかなために、現在のような10分の1秒以下での判断を必要とするFX取引の中、初心者トレーダーにとって非常に大切な思考時間を比較的に長く得る事ができます。

 また、日本はアメリカと経済上においても密接な関わりを持っているため、日常流れているニュースもアメリカについて沢山取り上げてくれているため、知らず知らずの内にアメリカについての知識を得ています。

 そう言う意味でもアメリカドルと日本円の通貨ペアでの取引は、FX初心者にとって良い選択だと考えられています。

⇒FXについて入門サイトで詳しく学ぶ

ユーロ

1999年に世界登場。

取引量は世界2番目。

ヨーロッパ各国の通貨を統合して作られた通貨。

今後も流通量が拡大中。

EUは経済地域としても中東、アフリカ圏に近く、また人口やGDP、貿易高などがアメリカ同レベルに達しているため、ユーロがUSドルに変わる基軸通貨となるとも言われています。

世界三大通貨(米ドル・ユーロ・円)のうちの一つで、米ドルに並ぶ「第2の基軸通貨」といわれています。

EU加盟国、ユーロ参加国で使用されている共通通貨です。

「米ドル/円」に次ぐ馴染みある通貨ペア「ユーロ/円」

ユーロは、1999年1月に欧州12カ国の統一通貨として発足し、2002年1月から、硬貨や紙幣など実際の通貨として流通が開始されました。2010年5月現在16ヵ国が加盟し、米ドルに次ぐ取引規模を誇り、第2の基軸通貨とも呼ばれます。

ユーロの価格の変動要因としては、ユーロ圏全体の経済指標と共に、ユーロ圏の中心である、ドイツ、フランスの指標が大きく影響します。GDPベースでみると、米国とほぼ肩を並べる水準にあります。

ドル円同様に実需などの取引も含め、総取引量の多い通貨ペアは、比較的落ち着いた動きで、テクニカル分析が有効に機能しやすくこのユーロドルを好んで取引しているトレーダーも非常に多いです。

また、初心者にも損小利大の運用がしやすい通貨ペアです。

ドイツとアメリカの影響を受ける

「ユーロ/円」は「ユーロ/ドル」と「ドル/円」を合算しているため、「ユーロ/円」であるけれでも間にある米ドルの影響を受けます。

また、ユーロ圏内での経済大国であるドイツもユーロ相場に対する影響力が大きいです。したがって「ユーロ/円」の場合は日本・ドイツ・アメリカの経済動向を注視しましょう。

おすすめ取引時間帯は22時から25時ぐらいです。これは、世界の取引市場が最も活発である時間です。ロンドン市場とも関連して、日本時間17時から25時も統計結果によってはFXの取引が多くなることもあります。

⇒初心者向けFX会社を探そう

イギリスポンド(英ポンド)

戦前まで基軸通貨であった「イギリス・ポンド」は、戦後、金本位制をベースとしたドル本位制にその地位をゆずりました。

ユーロが誕生しても加盟せず、独自路線を進んでいる通貨です。

米ドルと逆の動きをすることが多く、ユーロと似た動きをしますが流動性が低いため値動きが激しく、読むのが難しい通貨といえます。

値動きが大きくデイトレードに向いている「英ポンド/円」

短期間での変動幅が大きく、デイトレードに向いている通貨ペアです。ハイリスクハイリターンのため、レバレッジを抑えて慎重に取引した方がよいでしょう。

またポンドは円に比べて高金利のため、有利なスワップポイントを得られるペアとしても支持されています。

私見ではポンド/円はマニアックな通貨ペアであり、あまり素人向けではないと感じています。

しかし、ポンド/円は、その値動きの値幅が大きいことから、儲かる時には利益が大きく、FX取引(外国為替取引)を投機的にとらえる市場参加者にとっては、他の通貨ペアよりも、より魅力的に映るのだと思います。

ユーロ諸国の動きにも注視

イギリスはユーロに加盟していませんが英国からEUへの輸出規模を考えると、輸出全体の53%がEU向けですから、ユーロ問題の影響を全く受けずに済むというわけではありません。

「ユーロ/円」以上に注目すべき国が多いので非常に難しい通貨ではありますが、短期売買を得意とするトレーダーや、プロの個人投資家からは短期間で時間効率の良い利益を出す事も可能なために絶大な人気を誇っています。

おすすめ取引時間帯はロンドン市場が活発な日本時間で17時から翌1時です。この時間帯は、ユーロ市場も合わせて活発に動きます。 また、英国の経済指標は、8時と17時30分に分けて行われます。

⇒デイトレードについて詳しくはこちら

カナダドル

通称キャンドル。

カナダドルは、金、原油、石炭、木材など資源が豊富なカナダの通貨です。

カナダドルは経常黒字国で経済成長率も高く、値動きが安定しており優等生通貨と呼ばれています。

石油やパルプ、天然ガスなどの資源が豊富な資源国通貨で原油価格などが上昇した時に買われる傾向があります。

米国との貿易が多くを占めることもあり米ドルに近い値動きをすることもあります。

米ドル/円と似た動きの加ドル/円

カナダは石油やパルプ、天然ガスの生産輸出量が多く資源大国です。そのためコモディティ価格に大きく依存し、原油価格などが上昇した時に買われる傾向があります。 米国と地理的に近いことから、米国との強い相関関係があります。

ちなみに、カナダドルは加ドルと略され、加ドル/円や、ユーロ/加ドルと表現されることがあります。アルファベット表記では、CAD/JPYになります。

加ドル円は米ドル円と同じ動きをすることが多く、注目すべき経済指標もカナダよりもアメリカです。ドルの動きは全ての通貨に影響を与えるとも言えますが、特に加ドルを取引する場合は、アメリカや米ドルにの動きに注意しましょう。

おすすめ取引時間帯は?

加ドル/円の取引は、米ドル/日本円と同じように世界の為替取引が活発に行われる時間帯に多く行われます。

日本時間では、22時から25時ぐらいとなります。

この時間以外にも、ニューヨーク市場が開いている20時から翌6時までや、カナダの重要な統計が発表される21時から22時も特に取引が活発になるのでおすすめです。

オーストラリアドル(豪ドル)

通称オージー。

オーストラリアが、鉱産物のうち世界でも首位を争う産出量を持つものに、金・ボーキサイト・オパール・鉛・鉄鉱石・タングステン・亜鉛などがあります。
また、石炭・銅・ニッケルの主要産出国でもあります。

資源輸出国でもあり、商品相場の影響も為替に反映されやすい。

どれだけ輸出をできるかが鍵となる資源国通貨です。

豪ドルは高金利のため日本人に人気の通貨です。

今後は中国やアジア諸国との貿易も拡大するといわれ、継続的な成長が見込めると言われます。

高金利なのに安定している「豪ドル/円」

豪ドルは金利が高水準でありながら経済が安定しているため、スワップ目的の長期トレードを狙う投資家から人気を集めています。

また世界でも有数の資源国なので、「資源国通貨」としての一面を持ち合わせています。例えば金をはじめとする資源の価格が上昇した場合、豪ドルを買う動きが高まるため、値が上がる傾向にあります。

とはいっても、オーストラリアはしっかりとした国力を持っていますし、敵対する大国もありませんので、FXでも安心感が高い通貨ペアであるといえるでしょう。

中国の動向もチェックしよう

オーストラリアは、採掘した資源を中国向けに多く輸出しているため、中国の経済情勢も、豪ドル相場に影響を及ぼします。

基本的に、中国の経済が好調になると豪ドルが買われ、逆に不振になると豪ドルは売られる傾向も見られます。

更に、資源国通貨と言う特徴から金や原油と言った資源の価格の影響に敏感に反応する傾向にあります。

おすすめ取引時間帯はオーストラリア市場が開いている、日本時間の午前8時から午後4時がもっとも活発に取引されるでしょう。

また、豪ドルはその金利の高さで海外の投資家にも大変人気が高くなっています。そのため、米市場が活発に取引をしている日本時間22時から、翌6時ぐらいまでも盛んに取引されます。

オーストラリアの経済統計は、日本時間午前10時30分に発表されることが多いのですが、7時である場合もありますし、14時ぐらいに発表される場合もあります。

ニュージーランドドル(NZドル)

通称キウイ。

羊などの農産物の輸出が盛んな国であることから、資源国通貨といえます。

NZドルは豪ドル同様、高金利で人気の通貨です。

地理的にオーストラリアに近く最大の貿易先となっているため、豪ドルと似た値動きをする傾向があります。

主な資源が農作物なので、天候に影響を受けるといえます。

また、経常収支や貿易収支が慢性的に赤字のため、その動向に注意する必要があります。

長期トレード向きの「NZドル/円」

豪ドルよりも金利の高いニュージーランドドル(NZドル)です。オセアニア通貨と総称されることもあり、オーストラリアドル(豪ドル)と同じような動きをします。

特徴としては、比較的緩やかな上昇トレンドを描きます。積極的なトレードと言うより金利(スワップ)目的の長期トレード向き。

隣国のオーストラリアが最大の輸出入国で、経済的にも影響を受けており、農業が盛んなため、農産物の市況とも連動します。

ニュージーランドは、鉱物資源などはそれほど豊富ではないのですが、豪ドルと同様の値動きをすることもあることから、資源価格に影響を受けることもあります。

取引量が少ないため突然の変動に注意

ニュージーランドドルは、世界の相場参加者が少なく資金の流動性も低い為に、他の通貨が一切値動きを見せない状態でもニュージーランドドルだけが大きな値動きを見せる事があるので、初心者トレーダーは突然の動きに注意が必要です。

おすすめ取引時間帯は、日本時間の朝7時前後といえるでしょう。ニュージーランドの経済指標が、日本時間の朝6時から7時に発表されることが多いためです。

また、オーストラリアと経済的にも同様にみなされますので、オーストラリア市場が開いている時間帯である、日本時間午前8時から午後4時も活発に取引されています。

日本時間22時から翌6時も取引量は多くなっています。

南アフリカランド(南アランド)

南アフリカランド(南アランド)は、高金利で取引単位が低いことから少ない資金で取引できることもあり、中・長期運用のスワップ派に人気の通貨です。

南アフリカは世界最大の金やプラチナの産出国であることから、金の価格動向に為替相場が影響されるといった傾向があります。

経済発展が見込まれる通貨である一方、高い失業率、人種差別などのリスクにも注意する必要があります。

また、南アランドは取引量が少ないため値動きが激しいことにも要注意。

南アフリカは世界一の金の産出国であり、プラチナ・クロム・バナジウムの産出量も世界一。

スワップポイントが高い「南アランド/円」

高スワップポイントのため、FXでもとても人気が高い南アフリカランドです。流動性が少なく、変動幅が大変高くリスクも伴いますが、スワップポイントの高さはやはり魅力的ですよね。

以前よりも政治的にも安定しつつあることなど、資源国ならではの、資源の価格に南アフリカランドは左右されやすくなることがあるということを知っておきましょう。

特に、世界的な産出国であるがゆえに、金やダイヤモンドといった価格に影響されることもあり、FX取引にあたっていろいろな情報を収集する必要があります。

南アランドに影響を与える情報は?

南アフリカランドは、オーストラリアドルやカナダドルやブラジルレアル同様、資源国通貨なので資源の相場価値に左右されます。

つまり、南アフリカは豊富な採掘量を誇る鉱物資源(金・ダイヤモンド・プラチナ)の価値に左右されるといえます。

またアフリカ大陸に位置することから、隣国の政治的不安要素も相場に影響を与えますし、通貨取引量が少ないことから、個人投資家の影響も強いと考えられます。

南アフリカランドに影響を与える経済指標は以下になります。

金相場
特にNYとロンドンの金相場に注目してください。

南アフリカ準備銀行が定める政策金利の発表
南アフリカランドに関しては政策金利の予測がしにくく、事前に市場の予測と違った政策金利が発表された場合には急な値動きの要因となります。

治安や政治状況
隣国の紛争状況や移民の流入なども、国の情勢に関わる大きな情報となりますので把握しておきましょう。

個人投資家の動向
他の金利が高い国の政策金利発表や金融市場が荒れた時などには個人投資家が取引する要因として考えられますので着目しておきましょう。

南アランドのおすすめ取引時間帯は?

南アフリカの経済統計は極端に件数が少なく、また時間も一定していません。日本時間で、15時から20時の間にまちまちに発表されます。

またランドは、金の価格にも連動する傾向が見て取れます。

金とドルの値動きの影響に注意しながら、ヨハネスブルクの取引時間帯である日本時間16時から24時、さらに米英の取引所が同時に開いている22時から25時までの取引が多い時間帯をFX取引ではおすすめします。

トルコリラ

トルコリラ(TRY)は高金利からスワップ派の注目を集めている通貨です。

高金利通貨の中でも最も政策金利が高い通貨となっており、1万通貨単位あたり1日約400円、年間では14万円以上ものスワップが得られます。

トルコリラは、他の通貨と比べても、リスクが高い通貨といえます。

マイナー通貨であるため情報が少ないこと、また市場での取引量が少ないため、価格変動(ボラティリティ)が大きいことにも気をつける必要があります。
取引には細心の注意を。

高スワップポイントで大人気の「トルコリラ/円」

高スワップポイントと米ドルと比べても買いやすい値で人気なのがトルコリラです。

高スワップポイントで人気の南アフリカ以上の政策金利であるトルコですが、最近取り扱うFX会社が増えたことで一気に人気に火が付きました。

一日のスワップポイントが100円超えの日も珍しくなく、長期で運用するのに持って来いの通貨です。

しかし2016年に入り、難民問題やトルコの政情不安定等の要因によりトルコリラの下落が止まらない状況にあります。

外貨預金感覚でレバレッジをかけずに長期運用をするのであれば、「いつか戻るを前提」に長期運用するのに今でも魅力的な通貨ですが、レバレッジをかけてのスワップポイント狙いは避けたほうが良いでしょう。

2018年1月23日現在でトルコリラ/円は29円前後なので、29万円ほどで1万通貨を購入することができます。

ドル円に比べても安く外貨を購入することができる魅力は今でも変わっていません。

⇒トルコリラについて詳しくはこちら

シンガポールドル

シンガポールドル(SGD)は通貨バスケット制度が採用されており、変動幅が一定の枠内に収まるようシンガポール通貨当局で運営されているため、ボラティリティ(変動率)が安定している特徴があります。

ただ、シンガポールの経済成長につれ通貨はじょじょに切り上がっており、政府もそれを容認しています。

主な産業は製造業で、輸出の6 割は機械製品が占めています。

2001年のバブル崩壊以降は、製造業の回復を主軸にプラス成長を続けています。

メキシコペソ

ブラジルのレアルと並んで、中南米を代表する通貨のひとつ。

メキシコペソ(MXN)は中南米という地理的な条件からアメリカの政治・経済に影響を受ける通貨です。

主な産業は石油で原油価格の動きにも連動しやすいのが特徴です。

またボラティリティ(変動率)が低いため、短期で為替差益を狙うよりはインカムゲインを狙う中長期の取引に向いているともいえます。

⇒メキシコペソについて詳しくはこちら

アイスランドクローナ

アイスランドクローナ(ISK)はトルコリラに匹敵する高金利で投資家の注目を集めています。

政策金利は高金利で、しかも国債の格付けがAA(S&P)と信頼も高い国です。

国民一人当たりGDPでは世界でもトップレベルの経済力を持っています。

主な産業は漁業ですが近年は金融部門が成長しており、財務体質も良好で1998年以降は黒字となっています。

香港ドル

香港ドル(HKD)は、ドル・ペッグ制(米ドル通貨との為替レートを一定に保つこと)を採用しており、米ドルの動きの影響を受ける特徴があります。

また中国との経済の結びつきが強く、人民元の代替通貨として利用されることもあることから、中国経済や人民元の動向にも注意が必要です。

⇒香港ドルについて詳しくはこちら

優しく学べるFX入門サイトはなまるFX

漫画で学ぶFX入門 /></a></div></div>
		</div>
					

					<p class= - FX初心者入門 ,